切開手術を行なう

メイクの色や服、そして化粧品などにクマを治す効果があるものを取り入れることで、クマはある程度治すことができる。
しかし、どうしても暗い色の服を着なければならなくなったり、クマがある顔にコンプレックスを抱いていたりする場合は、美容整形でクマを治す方法が残されている。
茶色のクマも黒いクマも、美容整形で治す方法がある。
化粧品であれば効果が緩やかであるが、急いでいる人は美容外科を利用して外科手術をしてもらった方が、効果をすぐに感じることができる。

色素沈着で茶色くなったものは、光やレーザー治療で薄くすることができる。
メラニン色素は強い光に照射されると消えるという特質をもっている。
レーザーは肌の奥に直接届かせることができるので、根本的な治療が可能である。
ダウンタイムも比較的少なく、目の周りといったデリケートな部分でも、医療機関で施術を行なうことで安心して施術を受けることができる。
摩擦も原因なので、その後にもまた茶色のクマが発生しないように、一時的に治す方法だけでなく、対策方法もきちんと把握したほうが良い。

また、眼下の皮膚に脂肪が含まれているため、人よりも影が多くなってしまう人は、切開手術や脱脂手術という方法を取り治す人もいる。
切開は下瞼の裏から行なうため、肌の表面を傷つけることがないので傷が残ることもなく安心である。
歳をとると余計にこうした脂肪は垂れてしまうので、若い間の対策として切開手術を行なう人も多い。