色素沈着をなくす

クマの色が茶色い場合、色素沈着が肌に起こっている証拠である。
肌の色はメラニンの量で変わってくる。
人間には人種によってこのメラニン量が変化してくるので、黒色や赤褐色、黄色、白色の肌をした人種に分かれているのである。
しかし、この肌の色以外にも、色が変化する要因がある。それはシミやそばかす、色素沈着による変化である。
シミなどははっきりと色が変わるが、色素沈着はうす茶色く色が変化してくる。
眼下の皮膚が茶色くなってしまった場合、これを治すには青クマとは違った方法を取らなければならない。
青クマのように血行を良くする方法も、治す方法の一つである。
血行を良くし、肌の生まれ変わりを刺激すれば、色素沈着が起こっている角質が剥がれ、新しい皮膚に生まれ変わらせることができる。

この色素沈着が起きた皮膚を元の色に治す方法としては、シミやそばかすなどと同じような対策を行なうことになる。
化粧品などで美白作用のあるものであれば、沈着を防ぎ、肌の生まれ変わりを促進する効果が期待でき、茶色いクマを治すことができる。
茶色いクマを治すのに効果があるのは、肌の奥まで浸透する成分が含まれた化粧品で、さらにビタミンCが配合されているものであるといえる。
また、皮膚科では培養皮膚治療という方法もとられることがある。
自身の皮膚細胞を培養し、肌に移植することで、ヒアルロン酸やコラーゲンを生成する力を衰えさせることなく作り続けることができるという方法である。