たるみを改善する

黒いクマは皮膚の色が変わっているわけではなく、肌の隆起による影が原因となっている。
このため、肌の色を変えるために美白化粧品を使ったり、血行を良くしたりしても治すことが難しいのである。
肌がたるんでいる、または目の下に脂肪が多いことで影ができやすくなっているので、色を変える方法を施しても効果が無いのである。
見分ける方法としては、顔を上に向けたりすることでクマが無くなれば、影でできたクマであるという見分けがつく。
なんとなく顔の印象が暗い、という人は、顔に影が多いからということが要因となっていることもあるので、顔の印象を治すためには影の事を考えてみると良い対策になる。

影による黒いクマが気になるという人は、メイクである程度治すことができる。
要するに黒い影を作らなければ良いので、暗い色を顔の下に持ってこなければ良いのである。
顔色は服の色で大きく左右される。
色は相関関係で暗く見えたり明るく見えたりし、反射することでも他の色に影響を与える。
肌の色が白い人であれば尚更、上着の色を黒にすると暗くなってしまう。
眼下に脂肪が多く、隆起している人は下の色を反射しやすいので、できるだけ明るい色の上着を着ることでこの上着がレフ板の働きをしてくれ、黒いクマを治すのである。
そうしたちょっとした工夫によっても、クマは治すことができるので、光の見え方についても勉強すると面白い。
ファンデーションに光を拡散してくれる素材を取り入れることも、黒いクマを治す方法の一つである。